熊本天草 地磯料理と寛ぎの宿 ひのしま荘

電話でのご予約・お問い合せはこちら

  • ようこそ!ひのしま
  • 豪快!地磯料理
  • 館内施設
  • 料金・ご予約
  • アクセス
  • 周辺見どころ
  • フォトギャラリー

ようこそ!ひのしま

ようこそ歴史も古い水の島【天草樋島】へ!

樋島は不知火海(八代海)に囲まれた周囲12.2kmほどの小さな島です。
そんな小さな島【樋島】は実は歴史が古く、第12代天皇「景行天皇」が立ち寄ったという伝承もあるほど。
また弘法大師伝説もあり、島の北にある「観乗寺」は建立が慶長6年(西暦1604年)と古く、浄土真宗のお寺としては
熊本県内でも有数のものです。
そんな歴史ある樋島もいまはのんびりとした雰囲気が漂う漁師の島。
島へ渡る橋は交互通行で車一台が通るのんびりした橋。渡れば広がる漁師町の風情。ちいさな道に、漁港、漁船。
猫やかもめ。まるで時が止まった様な気持ちになります。
そんな樋島のまわりにある不知火海で獲れる新鮮な魚介を、豪快な盛り付けで食す【地磯料理】が自慢の旅館「ひのしま荘」へちょっと足を伸ばして是非お越しください。

日本でここだけ!「ヒトデ」が食べれる宿

ヒトデを食べたことありますか?
ここ樋島では古くからヒトデを食べる習慣があります。
ヒトデと一口に言っても様々な種類があり、食べるのは通称「ガゼ」と呼ばれる「ゴホンガゼ」という種類。
もちろんすべてをバリバリと食べるわけではなく、産卵期を迎えた「ガゼ」の卵を食べます。
味はウニという人もいればカニ味噌という人もいます。実際その味は【食べてからのお楽しみ】です!
季節は3月~6月 天然食材ですのでこの時期を逃すと食べることができません!
天草樋島の珍味「ガゼ」を是非ご賞味ください!

ジトデ料理のページへ

おすすめ宿泊プラン

宿泊プラン検索